topics
星野リゾートで過ごす、のどかな夏時間。
最大60%off! vol.1

お得な期間限定の沖縄県民プランが、8月末まで延長!
この機会に沖縄の星野リゾートで「マイクロツーリズム」を楽しみませんか?この夏は竹富島や小浜島、西表島、さらにアクセス抜群の読谷村で安心、安全に地元の魅力を再発見する旅に出よう。

_DSC0777.jpg

グスクの居館の 住人になる

星のや沖縄  本島の中部にあって、南からも北からも行きやすい読谷村。最近では洒落た店が増えているし、人口も増加中。多くの県民にとって馴染み深い場所なはずなのに、「星のや沖縄」には、未知なる沖縄の姿が広がっていました。  星のや沖縄は、読谷の海岸線沿いの1キロにも及ぶ長く、広い敷地を有しています。「もしも海岸沿いにグスクが築かれ、今でもそこで沖縄の暮らしが守られ進化し続けていたら?」という、ワクワクするようなイメージのもと、「グスクの居館」というコンセプトに基づき造られたこのリゾートを守るのは、堅牢な4.5メートルもの高さを持つ壁、通称グスクウォール。沖縄の城壁のようになだらかな曲線を描くそれは、私たちが暮らす、言わば「俗世」と「グスクの居館」とをゆるやかに隔て、ここでの非日常感を約束してくれるシンボルともいえる存在です。  グスクウォールの外側にひっそり佇むレセプションはパラレルワールドへの入口。一歩足を踏み入れると深海のように濃いブルーを湛える空間が表れ、白昼夢を見ているような錯覚を覚えます。レセプションを飾る数々の意匠はもちろん、スタッフの琉球王国時代の着物のような制服まで、全てが私たちを「グスクの居館」の住人として迎え入れるための、趣向なのです。

_DSC0436.jpg
_DSC0425.jpg
_DSC0680.jpg

レセプションを抜けると、読谷の海岸の白砂に溶け込むような色合いの客室棟が点在し、南国の草花が育つ畑が広がります。その風景を作る一つ一つは見慣れたものではありますが、ここはあまりにも静かで洗練され、理想郷さながら。  草木の間を縫うように伸びる通路を渡り、赤瓦屋根の建物へ。「集いの館」と呼ばれるここはいつでも利用できるドリンクコーナーやライブラリー、ショップの他、ゆったりとソファが備えられ、中央では夕方になると「宵の座」が開かれ、華やかな伝統芸能の演舞が厳かにスタート。目の前に広がるプールでは、夕暮れ時には海に沈むサンセットを。広々としたプールサイドや水深の低いエリアもあり、加温式なので24時間、一年中誰でも利用できる遊び場です。  集いの館でこの理想郷の時間に身を浸したら、束の間の住居となる客室へ。大きなテーブルが置かれた「土間ダイニング」と呼ばれるリビングスペースの向こうには、読谷の自然のままの海、そして青い空。室内に目を向けると、紅型や花織、金細工など、さまざまな沖縄の工芸品が使われていることに気づきます。どれもさりげなく、しかし美しく。進化した伝統の姿がそこにはありました。  夕食は、星野リゾートでは初となる試みの「ギャザリングサービス」をぜひ。30種類以上もの豊富な料理を、客室の土間ダイニングでいただきます。ルームサービスとは異なり下準備された料理が届けられ、備えられた調理家電で好きなタイミングで仕上げられるので、まさにこの部屋の住人気分で食事を楽しめます。ディナーの後は、部屋でくつろぐもよし、「夜の調律深呼吸」というプログラムやプールで体をほぐすもよし。波の音の子守歌が、安らかな睡眠を約束してくれます。  柔らかな日が部屋を照らす朝。こんな日は、アラームがなくても目が覚めるから不思議です。外へ出れば海風がそよぎ、ダイニングまでの道のりさえ最高の散歩道に。品数豊富で野菜たっぷりの朝食で体がしっかり目覚めたら、アクティビティに参加したり、部屋でゆっくりしたり。思い切りわがままに休日を過ごしましょう。

【星のや沖縄】

住所/中頭郡読谷村儀間474
電話/0570-073-066

https://hoshinoya.com/okinawa/


最大60%offの優待プラン! コチラからチェック!
対象期間/2021年8月31日まで